共生社会創出への一歩

Sustainability, Symbiosis, Synergy

3Sプロジェクト実行委員会とは

はじめに

2020年内閣府ホストタウンイニシアティブの一環として、日本全国のホストタウン自治体に対しそれぞれの地域と海外との交流・関係構築や強化が求められました。これに伴い、各自治体の皆様へのより包括的なサポートを可能とするため、アドバイザー同士の協力体制にもとづく活動をスタートしました。

この横軸の連携は、それぞれのアドバイザーの強みを持ち寄ることで、各自治体が抱える課題に対して多角的な視点からのサポートが可能になることを目指し、国際交流に伴うレガシーの構築を超えた領域においても、これからの「持続可能な共生社会の発展」に貢献していくことを目的としたメンバーで構成されています。

3Sプロジェクト実行委員会

「持続可能な共生社会の発展プロジェクト(3Sプロジェクト)」実行委員会は、地域ごとの特性やニーズ、課題などを多角的に分析し、個の自治体、または他の自治体との協力体制を検討しながら、これからの時代に求められる持続可能な共生社会の実現を視野に入れたご提案を行ってまいります。

3Sプロジェクトとは、「Sustainability(持続可能性), Symbiosis(共生), Synergy(共働)」を意味します。



地域ごとのニーズ分析

地域ごとの特性やニーズ、課題などを多角的に分析



自治体との連携

個の自治体、または他の自治体との協力体制を検討



持続可能な取り組み

新たな時代に必要不可欠な共生社会の実現を視野に入れたご提案



高い専門性

それぞれの専門性を持ちよることにより可能となる多面的なアプローチやアイデア

お知らせ

3Sプロジェクト実行委員会メンバー紹介

それぞれの専門性を持ちよることにより可能となる多面的なアプローチやアイデアをもとに、各自治体が直面する様々な社会課題への取組みに対して、これからの時代に求められる持続可能な共生社会の発展に寄与していくことを目指し、集結したアドバイザーで構成されています。

*令和2年度オリパラ基本方針推進調査事業におけるホストタウンアドバイザー



*アステリ株式会社

代表取締役 大嶋和香子

SDGs達成を目的とした国内外でのビジネス展開をサポート



KPMGモビリティ研究所

パートナー/公認会計士 倉田剛

持続可能な街づくりと次世代を担うSDGs人財の育成



*株式会社 グローバルメディア

代表取締役 利根川正則

日本から海外、海外から日本へ持続可能な未来づくり



*公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

所長 青木 栄二

ハイパーネットワーク社会の健全な実現の推進



サークルデザイン株式会社

代表取締役 那須清和

自治体のサーキュラーエコノミー(循環型経済)への移行を支援



*株式会社パソナグループ

ホストタウンアピールプロジェクト 日置法男

SDGs×ホストタウン×地方創生であなたのまちを盛り上げます



*株式会社八芳園

エグゼクティブマネジャー 堂下治

自治体とタッグを組んだ、食とイベントのチカラで持続可能な地方共創を!



Tricolage株式会社

代表取締役 ベンジャミン ウォン
取締役COO 吉田 史子

自治体や地域の事業者と連携し、海外企業向けサステナブルイベント・旅行を企画

お気軽にお問い合わせください