会社の沿革

1994年

1月

東京都千代田区に(有)グローバルメディア設立

1994年

4月

各専門業域の協力企業・プレイヤーとの提携拡充

1995年

3月

外国人専従制作スタッフの拡充を行う。米国、英国、韓国、中国各国籍の社員採用を開始。

1995年

4月

DTP用機器類およびソフトウエア類の充実・強化

1996年

10月

ヨーロッパ言語、アジア言語の翻訳・エディター・プルーフリーダー等の多国籍言語スペシャリストの更なる製作体制の強化を図る。

1997年

1月

グローバルメディアグループ(GMG)としてのトータルバランスのとれた国内・海外における戦略的連合の更なる強化スタート。業界内で、「多国籍軍による言語サービスのプロ集団」と標榜され始める。雑誌など複数の媒体より取材を受ける。 香港テレビ局から映像とインタビュー取材を2日に渡って受け、本国の特集番組でオンエアされる。

1998年

4月

スペイン デニアに制作連合チームを形成。

1998年

9月

米国 カリフォルニアに制作連合チームを形成。

1999年

3月

英国 ロンドンに制作連合チームを形成。

1999年

5月

カナダ トロントに制作連合チームを形成。

2000年

 

IT化への一層の突入とミレニアムの時代変化を背景に、組織体の新たな見直しを図り、新千年紀への新生グローバルメディアを考え始める。

2001年

 

内部のコアスキルの更なる精鋭化とアウトソーシングの簡素化を図ることで、的確・迅速な小回り対応促進と顧客負担軽減策を推進。

2002年

1月

米国支社設立準備室を設ける。

2003年

9月

米国支社を米国カリフォルニア、トーランスに設立。

2004年

3月

日米の教育交流事業を新規で立ち上げ、継続事業とする。

2004年

8月

米国現地法人 Global Media U.S.A., Inc. 設立。

2005年

9月

米国にて食分野の専門会社にパートナー参画、日本の食と海外を結ぶ事業をスタートする。

2006年

10月

Yokoso Japan! シリーズの一環として、Restaurant & Bar Guideを日米で発行、継続事業とする。食分野のマーケット調査、米国市場参入支援業務が増え始める。

2007年

 

日米を事業の中心軸に、グローバルメディアグループとして、EUおよびアジア地域への事業展開の可能性を探りはじめる。

2008年

 

アジア地域およびEU諸国との新たな関係構築に着手し始める。ポーランド政府、ポーランド商工会議所の委託事業として、畜産物、農水産物などの日本市場参入に伴う包括的な支援業務を実施。

2009年

 

2003年~2007年における米国現地法人化等の展開努力が実る年となり、成果が出始める。地方自治体をはじめ日本政府・民間企業の海外向けPRやプロモーション事業が増え、弊社のサービス領域が一層広がる。

2010年

 

国内・国外での企業および個人の専門プレイヤーとの戦略的アライアンスを継続して行う。ジャパンブランドや日本の商品を海外に売り込む案件と海外政府・企業の日本市場参入支援の双方向におけるバランスの取れた事業展開が動き出す。

2011年

 

貿易分野における海外政府・企業に向けた日本市場参入支援の包括的なサービス提供が本格化しはじめる。ベルギー政府、スペイン政府、トルコ政府等との関係が深まる。

2012年

 

「貿易・投資・観光」が弊社事業の柱としてキーワード化し明確化する。第2のキーワードは、日本から海外、海外から日本への「双方向事業」。この双方向事業は相互乗り入れによる相乗効果を発揮し始める。第3のキーワードは、継続した事業成果を十分に産み出すための母体となる「主催者事業」と「事務局運営」の展開であり、その芽が出始める。

2013年

 

2014年の弊社設立20周年に向け、かつその後の10年を迎え撃つ準備年と位置づける。

代表者のプロフィール

京都外国語大学英米科卒業
1980年PCO(プロフェッショナル・コングレス・オーガナイザー)の専門会社に入り、国際会議、国際見本市をはじめ数々の国内外のコミュニケーション・プロジェクトの企画・運営に携わる。過去20数年に渡って培ってきた国際会議のシステム設計・運営・監理技法は、会議主催者のブレーン・パートナーとして絶大な信頼を得、今日を築く基礎となっている。大小合せて500件近くのコンベンション、イベント、展示等のMOP(Meeting-Oriented Programs)の実践実績を持つ。さらに、並行して取り組んできたマーケティング調査等における様々なテーマでの取材・執筆活動が、オールラウンドな柔らかい物の見方と果敢な行動力の源泉となっている。


Recommended